利用限度額を上げたいときは

 

カードローンには利用限度額というものがあります。

 

簡単に言うと「いくらまで借り入れができるか」です。
利用限度額が30万円の人は、すでに20万円借りていてもあと10万円借りることができるということです。

 

この金額は、契約時に、収入や過去の返済実績などからその人の返済能力を判断して決定されます。

 

 

利用限度額を上げるには

 

広告などで「最大500万円まで融資」などと書かれていると、そこまで必要がないにしても、利用限度額が思ったよりも少なくてがっかりすることがあるかもしれません。
しかし、一般的に30〜50万円が一般的です。
これより多く借り入れると返済に困る可能性が高くなりますのでおすすめできません。

 

それでも利用限度額を上げたいという場合は、返済実績を積んでから申し出てみてください。
審査の結果によっては引き上げてもらえます。

 

 

こんなことには気を付けて!

陰

 

貸す側が利用限度額を上げるのはたくさん借りてもらった方が儲かるからです。
きちんと返済してくれる人にはいっぱい貸して、その分多く利息を得ようとしているのです。
利用限度額を増やすことは本当に自分にとって良いことなのかよく考えてから引き上げましょう。

 

また、消費者金融などの貸金業者からは「総量規制」という法律がありますので、いくら多くても年収の3分の1までしか借りられません。
もしもこれ以上の金額を融資できると持ちかけられたら注意した方が良いですね。