借金で失敗しないために

 

お金を借りようとするときには、「どこで借りるか?」ということが注目されがちですが、借金で失敗しないためには「借りるための心構え」がより大切になってきます。

 

 

陥りがちな失敗パターン

 

大変

何かの理由でお金に困るときってありますよね。
早く借りないと足りないと思えば思う程、どこで借りようか、必要な金額を借りられるかということで頭がいっぱいになります。
後で返済に困るかもしれないことや、そもそも本当に必要なお金なのかさえ考えずに借りてしまう。

 

特に、手元にキャッシングができるクレジットカードやローンカードがあったらどうでしょう。
今を乗り切るためにと安易に借り入れしてしまうのではないでしょうか。

 

そもそも、お金に困る人は、毎月の生活で精一杯で貯金ができない状態にあることが多いです。
果たして返済していくことはできるのでしょうか。
返済に困ると他から借りては返すようになり、あっという間に行き詰ってしまうでしょう。

 

 

返済できないとどうなるのか?

 

返済期日に決められた金額を返すことができないと、電話連絡やハガキで督促がきます。
数日以内に用意できればそれほど厳しい取り立てはありませんが、返せないままの状態が続くと頻繁に電話がかかってきたり法的手続きに出られたりすることになります。

 

 

お金を借りれば返すのは当たり前のこと

 

返すつもりがなくお金を借りる人はいないと思いますが、いざとなったら債務整理という手段があると思っている人もいるかもしれません。
債務整理は私たちを守ってくれる制度ですが、そう簡単に考えるべきものではありません。

 

借りる前にしっかりとした心構えと返済計画を持って、借金といい付き合い方ができると良いですね。
 

更新履歴